節約術

【節約必見】格安SIMに乗り換えて携帯料金を半分に!格安SIMって何?

こんにちはryuです。

皆さんは携帯の月額料金はいくらかかっているでしょうか?

おそらく8000〜10000円くらいではないでしょうか?

実は私もつい最近まで8800円の携帯料金を大手キャリアのドコモに支払っていました。

ただ、そんな月に結構お金のかかるスマホ料金を半分以下に下げることのできる格安SIM。

ほとんどの方はデメリット無く簡単にできるので是非やってみてください。

こんな方におすすめ

  • 携帯料金を減らしたい方
  • 固定費を見直している方
  • 格安SIMに興味があるけどよくわからない方

格安SIMはなんで安く使えるの?

・ネットワークの回線を大手キャリアから借りている

携帯電話のネットワーク設備を3大キャリアから借りているためその分の土地代や管理費用が抑えることができます。

また。設備に対するメンテナンス費用も不要なのでコストが抑えられます。


・店頭販売よりもインターネットでの販売が中心

格安SIMは大手キャリアのように店頭での販売では無く、インターネット上での販売を中心にしているため

店舗の家賃やスタッフの人件費を抑えることができます。

・自分で必要なサービスを選択できる。

大手キャリアとは違って留守番電話昨日などは全て追加オプションになっているため、自分に必要のないオプションをつけることなく

自分に合ったプラン選択ができる。

格安SIMにした際にデメリットはあるの?

・ネットワーク回線が混雑する可能性がある

ネットワーク回線を借りている量が決まっているので、通信できる量も決まっています。

そのため利用者が増えると一時的に通信が遅くなることがあります。

・キャリアメールは使用できない

大手キャリアの~docomo.ne.jpのようなキャリアメールは使えなくなります。

そのためこれまでキャリアメールを高頻度で活用していた人に撮っては少々痛手かもしれません。

 

しかし、GmailやIcloudなどの無料メールは活用可能になっています。

最初はキャリアメールで登録していたサービスアカウントの情報を変更することがめんどくさいかもしれませんが

格安SIMに移行するにあたって変更を行なっていけばキャリアメールがなくなっても今まで通りサービスを利用が可能になっています。

・サポートが必要最低限

大手キャリアのように店頭で店員さんが手取り足取りやってくれるワケでわなく、格安SIMでは、対応のスマートフォンを調べて、自分で初期設定をしていくことが中心となっています。

そのため、このような作業に慣れていない人にとってはハードルの高さを感じるかもしれません。

 

ただ、現在では大手キャリアのように電化製品屋さんで店頭販売も行なっているところもありますので、

どうしても自分で調べて契約をするのが難しい場合には、電化製品屋さんの店頭で契約しましょう!

・まとめ

格安SIMはしっかりと自分で調べて自分に合った契約をすれば携帯料金が半分以下になる。

デメリットもあるのでしっかりと情報を収集して契約する。

電化製品屋さんで店頭販売もあるので自分でできない!と思ったら店頭へ!




-節約術

Copyright© ryublog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.